040.松本大名町通りのシナノキ

公式引用

 国宝松本城の表玄関にあたる大名通り沿いには、200mにわたり「信濃の国」の由来となったシナノキの並木道があり、淡黄色の花からあまいかおりが漂っている。

 お城下町まちづくり推進協議会により、お城に相応しいまちづくりを進めている。市では「かおりポイントマップ」や「かおり活用・保全マニュアル」の作成、「かおり探検隊」を行っている。

到達記録

 平成24年10月05日、令和元年05月01日他、何度か訪問しました。

 大名町(だいみょうちょう)通りは、長野県松本市にある松本城の南側にある通りです。

 昭和48年に植樹されたシナノキは、毎年6月に淡黄色の花を咲かせて、甘いかおりが楽しめます。

 シナノキは、漢字では「科木」と書き、枝がよくしなることから「しなる木」と呼ばれ、信濃の国の名の由来になったとか。

 シナノキは、日本原産の落葉高木で、樹皮から丈夫な繊維がとれる。と現地案内。シナノキの繊維を利用して作った「科布(しなふ)」を朝廷に献上したという記録も残っているのだとか。

 日本の旅先百選【松本城】。国の史跡【松本城】。現存十二天守【松本城】。日本100名城【松本城】日本名城百選【松本城】かおり風景100選【松本大名町通りのシナノキ】新・日本街路樹100景【松本城北側のカツラ並木】平成の名水百選【まつもと城下町湧水群】日本の都市公園100選【中央公園】

[前]を見る [次]を見る

[かおり風景100選]に戻る

[全国百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る