落日はまた昇る−各種百選めぐり−残したい日本の音風景100選−086.観世音寺の鐘

086.観世音寺の鐘

公式引用

 天智天皇の創建と伝えられる観世音寺の、日本最古の鐘の音。毎月18日の午後1時と大晦日の夜、歴史を刻む太宰府の街に響きわたる。

到達記録

 平成30年01月04日他、何度か訪問しました。

 観世音寺(かんぜおんじ)は、福岡県太宰府市観世音寺五丁目6-1にある天台宗の寺院です。

 この観世音寺にかつての大宰府庁舎があり、大野城が背中を守っているそんな土地柄が見て取れます。

 太宰府というと、どうしても太宰府天満宮が注目されてしまいますが、こちらの古刹も一見の価値があります。宝物殿は500円しますが、立派な仏像が展示されていました。

 観世音寺の梵鐘(ぼんしょう)は、日本最古の梵鐘の一つとされており、国宝指定を受けています。

 日本の旅先百選【観世音寺の鐘】九州西国三十三観音霊場33番札所【観世音寺】残したい日本の音風景100選【観世音寺の鐘】

[前]を見る [次]を見る

[日本の音風景100選]に戻る

[各種百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る