落日はまた昇る−各種百選めぐり−残したい日本の音風景100選−059.彦根城の時報鐘と虫の音

059.彦根城の時報鐘と虫の音

公式引用

 彦根城内にある時報鐘は、毎日朝6時から夕方6時まで3時間毎に時を告げる。夏の夕暮れ時には彦根山一帯でヒグラシの蝉時雨が、秋には城内の玄宮園でスズムシ、マツムシ等の虫の鳴き声が聞こえる。

到達記録

 平成20年07月23日、平成22年09月26日、平成28年08月24日、令和元年06月13日他、何度か訪問しました。

 彦根城(ひこね じょう)は、滋賀県彦根市金亀町にある城郭です。

 江戸時代、徳川四天王の一人井伊直政の息子の時代に、天下普請(幕府の政策)として築城されました。その後代々井伊家のまま明治維新を迎えました。

 廃城令が出て取り壊しの危機を迎えますが、巡幸で彦根を通られた明治陛下の御意向で取り壊しにストップがかかりました。

 日本の城郭の中でも特に秀逸な保存状態の城郭で美しいです。運が良いと動いている「ひこにゃん」と出会うことも。

 現在は、城内北側が金亀公園(こんきこうえん)として、城内南側が彦根東高校として整備されています。

 日本の旅先百選【彦根城】。国の特別史跡【彦根城跡】。国宝五天守【彦根城】。現存十二天守【彦根城】。日本100名城【彦根城(金亀城)】日本の音風景100選【彦根城の時報鐘と虫の音】日本の都市公園100選【金亀公園】

[前]を見る [次]を見る

[日本の音風景100選]に戻る

[各種百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る