落日はまた昇る−各種百選めぐり−残したい日本の音風景100選−056.寺町寺院群の鐘

056.寺町寺院群の鐘

公式引用

 寺町は、その名のとおりお寺が多い。朝方は家の中で、夕方は街を歩いていると、どこからともなく鐘の音が聞こえてくる。景観条例で街並を守るとともに、鐘をつく人がいない寺では地元の人々が鐘をつく活動を展開中。

到達記録

 平成23年03月12日他、何度か訪問しました。

 石川県金沢市寺町台(てらまちだい)地区は、金沢城下の南側に位置する寺院群地区です。

 忍者寺として知られる妙立寺や「寺町寺院群の鐘」が楽しめます。

 寺町寺院群の鐘は、鐘の打ち手の居なくなった寺院で鐘音愛好会(有志の住民)が毎週土曜日の18時に鐘を撞くという活動によって維持されています。

 現地では18時前に訪問して待機していると、住職さんの代わりに鐘を打つ役の人がきて鐘を打ち始めました。おじさんに声をかけて鐘を打たせて頂きました。

 国の特別名勝【兼六園】。国の史跡【金沢城跡】。日本100名城【金沢城】残したい日本の音風景100選【本多の森の蝉時雨】残したい日本の音風景100選【寺町寺院群の鐘】日本の道100選【百間堀通り・百万石通り】 新・日本街路樹100景【百間掘通り】 新・日本街路樹100景【広坂大通り】日本の都市公園100選【兼六園】重要伝統的建造物群保存地区【石川県金沢市東山ひがし】重要伝統的建造物群保存地区【石川県金沢市主計町】重要伝統的建造物群保存地区【石川県金沢市卯辰山麓】重要伝統的建造物群保存地区【石川県金沢市寺町台】。日本三名園【兼六園】。

[前]を見る [次]を見る

[日本の音風景100選]に戻る

[各種百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る