162.出石城・有子山城

スタンプ設置場所

 いずし観光センター(8:30〜17:30)。

到達記録(出石城)

 平成25年02月17日、平成30年04月19日他、何度か訪問しました。

 出石城(いずしじょう)は、兵庫県豊岡市出石にある城跡です。

 出石城は、文禄04年(西暦1595)に入封した小出吉英(こいで よしひさ)によって有子山城の麓に造られた館や城郭のみを出石城と命名し幕府に居城(出石藩の藩庁)として届け出ました。

 宝永03年(西暦1706年)に仙石氏が入城して以来、明治維新まで仙石氏による統治が続きました。

 現在は、出石城址公園として整備され、石垣、土塁が一部残っています。公園内には展望台もあり、周囲の景色を楽しむことができます。

 豊岡市の史跡【出石城】、続・日本100名城【出石城・有子山城】重要伝統的建造物群保存地区【兵庫県豊岡市出石】

到達記録(有子山城)

 令和06年に訪問しました。

 有子山城(ありこやまじょう)は、兵庫県豊岡市出石にある城跡です。

 永禄12年(西暦1569年)、織田信長の家臣・羽柴秀吉に山名氏の本拠地であった此隅山城(このすみやまじょう)が攻められ落城しました。

 天正02年(西暦1574年)、但馬守護・山名祐豊(やまな すけとよ)が有子山の山頂に山城を築き、本拠地を移しましたのが有子山城の始まりとされています。

 天正08年(西暦1580年)、山名氏は、織田信長と敵対する毛利輝元に付いた為、再び羽柴秀吉によって攻め込まれ但馬山名氏は滅亡しました。

 此隅山城と合わせて、山名氏城跡として国の史跡に登録されています。

 国の史跡【山名氏城跡 此隅山城跡 有子山城跡】。続・日本100名城【出石城・有子山城】重要伝統的建造物群保存地区【兵庫県豊岡市出石】

[前]を見る [次]を見る

[続・日本100名城]に戻る

[全国百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る