085.追手筋通り

到達記録

 平成20年07月15日、平成23年12月24日他、何度か訪問しました。

 高知城(こうちじょう)は、高知県高知市にある城郭です。

 関ヶ原の戦いの結果、西軍に付いた長宗我部盛親は改易となり、代わって東軍に付いた山内一豊が入封しました。

 当時は湿地が広がるデルタ地帯として水害に悩まされながらの築城であったと言われています。

 享保12年(1727年)、高知城は大火事に見合われ、追手門以外の殆どが焼失しました。その後に再建されたのが現存している城郭となります。

 高知の駅前通りから高知城へと続く追手筋(おうてすじ)で、300年続いていると言われる日曜市が毎週開かれ、大勢の人達で賑わっています。

 追手筋では、ワシントンヤシやクスノキが植栽されています。

 日本の道100選【追手筋通り】の顕彰碑は、高知城の大手門近くにありました。

 国の史跡【高知城跡】。現存十二天守【高知城】。日本100名城【高知城】日本名城百選【高知城】日本の道100選【追手筋通り】新・日本街路樹100景【追手筋】

[前]を見る [次]を見る

[日本の道100選]に戻る

[全国百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る