落日はまた昇る−各種百選めぐり−残したい日本の音風景100選−095.三之宮峡の櫓の轟

095.三之宮峡の櫓の轟

公式引用

 三之宮峡の渓流が落差7m余りで、巨石に囲まれた滝壺に落ちる音。周りの場所では普通の沢音のように聞こえるが、滝壺をのぞき込むと淵にこもった滝音がとどろきわたることから、「櫓の轟」と呼ばれるようになった。。

到達記録

 平成23年02月19日、平成30年06月15日他、何度か訪問しました。

 三之宮峡の櫓の轟(さんのみやきょうのやぐらのとどろ)は、宮崎県小林市東方猪ノ子谷にある渓流です。

 現地は、観光地と言うよりは寂しい感じの場所で、日が暮れかけている時間だと正直怖い場所です。かつてトロッコ道としても活用されていたという遊歩道が整備されていますが、トンネルが多く暗いです。

 残したい日本の音風景100選【三之宮峡の櫓の轟】

[前]を見る [次]を見る

[日本の音風景100選]に戻る

[各種百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る