落日はまた昇る−各種百選めぐり−残したい日本の音風景100選−057.蓑脇の時水

057.蓑脇の時水

公式引用

 大平山の北側の谷間にある間欠冷泉は、毎日ほぼ60分間隔で水が湧き出し、滝に落ちる。昔、炭焼きや山で暮らす人々が、その滝の音を聞いて時計代わりにしたと語り継がれている。

到達記録

 平成22年10月17日に訪問しました。

 蓑脇の時水(みのわきのときみず)は、福井県越前市味真野の山中にある間歇冷泉です。

 大平山の北斜面中腹、標高350m付近に現地は有りますが、普通に山登りだったので結構しんどかったです。

 残したい日本の音風景100選【蓑脇の時水】

[前]を見る [次]を見る

[日本の音風景100選]に戻る

[各種百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る