落日はまた昇る−各種百選めぐり−続・日本100名城−154.田丸城

154.田丸城

スタンプ設置場所

 村山龍平記念館(9:00〜19:00/土日祝は早締め)。

到達記録

 平成30年05月16日他、何度か訪問しました。

 田丸城(たまるじょう)は、三重県度会郡玉城町田にある城跡です。

 田丸城は、南北朝時代、南朝方に付いた北畠親房が築城したのが始まりとされています。

 戦国時代、織田信長の次男・信雄に北畠氏の家督を継がせ伊勢国を支配下におくわけですが、田丸城はその時、織田信雄の本拠地となりました。その際に、三層の天守閣を構える近世城郭となりました。

 現在は、水堀の中に玉城町役場や玉城中学校がありましたが、思いのほかぐいぐい本丸跡地まで車で登れました。

 天守閣跡からは田園風景が広がっており、濃尾平野にも負けない伊勢国の豊さを物語っていますね。伊勢を押さえた時点で織田信長は尾張美濃伊勢の3国で150万石の大大名になり天下統一に最有力候補になりました。

 三重県の史跡【田丸城跡】。続・日本100名城【田丸城】

[前]を見る [次]を見る

[続・日本100名城]に戻る

[各種百選めぐり]に戻る

[トップページ]に戻る