落日はまた昇る−旅人の記録−867.寸又峡と夢の大吊橋

867.寸又峡と夢の大吊橋


 令和02年11月11日10時からスタートです。


 寸又峡(すまたきょう)は、静岡県川根本町にある渓谷です。


 私が停めた有料駐車場からここまで10分ほどですが、もっと入り口近くにも駐車場があり失敗した感があります。


 紅葉が美しいです。


 昔は車で入れたんだろうなぁと思われるアスファルトの道を歩きます。


 天子のトンネルと名前には似つかない無骨なトンネルですが、この山沿いに旧道だと思しき崩落気味の山道跡が見て取れます。


 色付いている対岸の山にも土砂崩れの跡がクッキリと。自然の力で元に戻るのはどれくらいの月日が必要なのかな。


 日陰になっていますが、大間ダム湖が見えてきました。


 妻が行きたいと言っていた夢の大吊橋です。


 今日から愚か者の橋と名付けよう。誰も来たがらない様に!


 一方通行に設定されており、10人までの人数制限があります。

 麓に乗っただけで結構ゆれるんだけど、力士を10人同時に渡らせて崩れないか見てから歩きたい。


 無心で撮影。


 40歳手前のおじさんがワーワー言いながら渡っています。


 ま、余裕やったな(震え声)。


 一方通行なので橋を渡った後は先に進むしかないのですが結構急な登り階段が続きます。


 陽がさしてきてドンドン景色が良くなってきます。


 飛龍橋と名付けられた近代的な橋を使ってぐるっと一周出来るようになっています。


 太陽が当たると青く見えますね。


 この標識は珍しい。


 紅葉ポイントまで戻ってきました。

 じっくり休憩しながら1時間半の行程でした。


 お土産屋さんでご当地サイダーを購入し一服です。


 私たちが帰り始めたタイミングで寸又峡に向かう車列が増え始めていました。寸又峡近くの道路は行き違い出来ない個所が多いのでペーパードライバーは要注意です。

 恋人峠なる場所で一服です。


 国道362号線を使って静岡市に向かっています。


 日本の都市公園100選【城北公園】を訪ねます。


 城北公園(じょうほくこうえん)は、静岡県静岡市葵区大岩本にある公園です。


 城北公園には専用の駐車場がありませんで少し不満でした。「水の広場」や「花時計」がありました。


 日本100名城【掛川城】を訪ねます。


 掛川市のマンホールカードを頂きます。


 行きたかった「炭焼きレストランさわやか」さんで遅めの昼食です。


 げんこつハンバーグです。これが食べたかったんや。美味しかったです。ご馳走様でした。


 1泊2日、890kmの行程で、燃費21.8km/Lと上々でした。

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記8]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る