落日はまた昇る−旅人の記録−274.奈良を歩こう!その11

274.奈良を歩こう!その11


 平成24年07月22日。

 タイトルは、大和十三佛霊場ですが、今朝は大阪府枚方市を目指しました。

 片埜神社(かたのじんじゃ)は、大阪府枚方市にある神社です。全国一宮会には所属していませんが、一宮を称しているので御朱印を賜って来ました。


 戦国時代の戦乱で荒廃しましたが、豊臣秀吉によって復興され、大坂城の鬼門の方角にあることから鬼門鎮護の社とされました。

 御朱印にも鬼が入っています。現在は、地方の一郷社らしくひっそりと鎮座しています。

 さて、本日の目標を決めかねていましたが、真言宗十八本山の攻略に決め、国道168号線を使って生駒山と信貴山にある真言宗寺院を目指します。

 国道168号線から外れ、信貴生駒スカイラインに向かっていきます。信貴生駒スカイラインに入る手前に観光標識と駐車場があります。

 宝山寺(ほうざんじ)は、奈良県生駒市門前町にある真言律宗大本山の寺院です。生駒聖天(いこましょうてん)とも呼ばれています。山号は生駒山です。


 境内をしばらく進みます。数分で奥の院に辿り着きます。

 参道には不動明王の姿も。


 参拝が終わってから、寺務所前でしばらく悩みました。

 宝山寺は、大和十三佛霊場の第一霊場であり、守護屏風を無料配布していたのです。

 現在、新西国三十三霊場と、真言宗十八本山の同時攻略中ですので、手を広げすぎるのも・・・と悩みました。が、結局頂きました。

 幾つか重複している寺院もありますし、奈良県内限定の巡礼コースなのでのんびり周ろうと思います。

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記2]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る