落日はまた昇る−旅人の記録−272.立山遠征その2/雄山登頂!

272.立山遠征その2/雄山登頂!


 平成24年07月16日。

 遂に立山攻略の日が来ました。全国各地を旅してきた僕ですが、攻めてきた山と言えば数えるほどしかありません。

 基本的に登山は苦手なのです。平坦な道ならそれなりに自信があるのですが、登りが苦手なのです。しかし、挑戦の日を窺っていました。


 前日に岐阜経由で富山入りしていたので、早朝より準備を済ませ、一路立山へ。

 立山駅にてケーブルカーとバスの往復チケットを購入。一人6190円也。


 立山駅から7分ほどで美女平駅に到着。ここからバス移動です。

 トータル1時間ほどで室堂駅に到着しました。室堂駅からは徒歩で山頂を目指すことになります。

 途中、バスの中から称名滝(写真左)とソーメン滝(写真右)が楽しめます。


 下界は青空が澄み渡っていましたが、標高2450mの室堂駅には雲が覆っていました。

 そして念願の、名水百選99箇所目の立山玉殿湧水に辿り着きました。名水百選の中で最も標高の高い場所にある名水です。

 とても冷たく美味しかったです。


 まさか7月に雪の上を歩くことになるとは思いませんでした。

 一時間ほど歩いて、標高2,700m「東一ノ越」に到着。


 そこから更に一時間登りです、斜面が急になってきました。


 10時30分。立山連峰の主峰雄山(標高3,003m)山頂に到着しました。


 500円払って雄山神社峰本社を参拝。ここも風がきつくて怖かったです。


 1時間かけて下山。ご褒美に室堂ターミナルで地ビール「星の空」で購入しました。(飲んだのは帰路の運転が終わってからだよ!)

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記2]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る