落日はまた昇る−旅人の記録−265.和歌山遠征その2

265.和歌山遠征その2


 広村堤防(ひろむらていぼう)に訪問しました。広村堤防は、和歌山県有田郡広川町にある二列の防浪堤防です。国の史跡に指定されています。

 古くから津波の被害にあってきた地域だったようで、室町時代に豪族畠山氏が海側の堤防を築きました。

 安政元年11月5日(西暦1854年12月24日)、安政の大地震の後に地震の2次災害である津波から広村の村人を救った濱口梧陵が後列の堤防を築きました。

 未来に残したい漁業漁村の歴史文化財産百選の攻略のため、矢櫃地区に訪問しました。

 前回は辿り着けませんでしたので、今回はリベンジ達成です。


 帰路、由美様が有田ブラックの看板を発見したので入店してみました。富山ブラックのような辛いのを期待していたのですが、全然辛くなかったでござる。

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記2]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る