落日はまた昇る−旅人の記録−243.壱岐・対馬遠征その10

243.壱岐・対馬遠征その10


 平成24年05月31日。

 対馬最北端まで来ました。わずか50km弱の距離の先には、朝鮮半島があります。

 平日の木曜日に訪問したにも関わらず、観光客が多く盛況だなぁと思っていたのですが…僕の耳に入ってくる言葉は総てハングル語でした。バスガイドさんも片言でした。

 ここまでハングルばかりだと思っていなかったのでショッキングでした。・・・日本海はちゃんと日本海と表記されていてホッっとしました。

 日本の渚百選にも選ばれている三宇田浜海岸のすぐ近くにある温泉施設「渚の湯」を利用しました。

 シーズンではないので観光客は少なかったのですが、三宇田浜でも日本語が聞こえませんでした。

 民族差別は一切しない主義ですが、ここまで領土問題のある国家からの観光客に頼らないと経済が成り立たない国境の地対馬の将来に不安を覚えました。

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記2]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る