落日はまた昇る−旅人の記録−240.壱岐・対馬遠征その7

240.壱岐・対馬遠征その7


 平成24年05月31日。

 南対馬を一周してきました。そしてお船江跡(おふなえあと)に到着。

 お船江跡は対馬藩の時代に藩船が係留されていた場所です。4列の石積みの突堤が残っており寛文3年(西暦1663年)の造成と言われています。

 対馬藩は江戸期鎖国下にあった時代も日朝外交史上大きな役割を果たしました。

 続けて厳原八幡宮神社(いづはらはちまんぐうじんじゃ)に参拝しました。神社にしては珍しい有料駐車場でした。

 厳原八幡宮神社は、長崎県対馬市厳原町中村に鎮座する神社です。正式な社名は八幡宮神社で、旧社格は県社です。

 明治04年から明治23年までの間、和多都美神社に改称し対馬一宮を名乗っていました。

 静かで緑豊かな空間が広がっていました。

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記2]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る