落日はまた昇る−旅人の記録−236.壱岐・対馬遠征その3

236.壱岐・対馬遠征その3


 平成24年05月30日。

 続いて弥生時代の環濠集落である原の辻遺跡に訪問しました。

 静岡県の登呂遺跡や佐賀県の吉野ヶ里遺跡と並んで重要な国の特別史跡です。復元された竪穴式住居などが見てまわれます。吉野ヶ里遺跡の無料版といったところでしょうか。

 そして誰も居なかった・・・。ちょっと寂しい気持ちになる空間でした。

 お腹が空いて来たので、目をつけていた「うにめし食堂はらほげ」に立ち寄りました。

 名物のうにめしを頂きました。紫うに、赤うに、馬糞うにの炊き込みご飯です。香りを楽しめる一品でした。

 食後、女将さんが駐車場に見送りに来てくれるなど、好感が持てる郷土料理店でした。

 腹を満たしてから、観光ポイント「はらほげ地蔵」に立ち寄りました。はらほげというのは、お腹に穴が開いている、という意味だとか。

 満潮時の海の中にある地蔵を見たかったのですが、引き潮全開でした。残念!

[前の旅先]を見る [次の旅先]を見る

[旅行記2]に戻る

[旅人の記録]に戻る

[トップページ]に戻る